TOP>> 靴、カバン
お洒落なサンダル、靴が欲しい
CaraColo
Hann
Tel:832-1590
Fax:832-1573
月曜から土曜 (10時から19時)
ここはビーズ使いがお洒落な皮製サンダル(Sandales Parle'es) がお目当ての品です.しかし日本円で4000円ちかくします。アーティストはAnne Calfopoulosさんといいます.彼女の携帯は567-8819.お店の行き方は直接電話でお問い合わせください。彼女のサンダルはエキスポジションや,別のお店(Susuka等)にもあります.
ラミンゲイ通りの靴屋さん(数軒) イタリヤからの輸入の靴があり,結構お洒落です。
お洒落なカバンがほしい
Artisanat Malgache (Exposition permanente)
Clafouti Guyon
Hann Palage- Dakar
Villa n.20 Impasse des Cordias (vers CED)
tel:832-4526 u 569-2308 (sur RDV)
マダガスカルの品々。かばんがメインか。お店といっても、普通の個人宅で、呼び鈴を押す際、本当にここでよいのかと不安になったくらいです.中に入ると、お庭と離れを展示スペースにしていて、新しい荷がとどいていたようで商品の数は豊富でした.
Madak' Art
Point E. Rue de Ouakam
マダガスカルもの。街から行くと,Route de Ouakam をゆき,モスケ方面に曲がらず,そのまままっすぐに進むと左手にみえます.
Atiss
Ave. Albert Sarraut,

かばん,靴,クッションなどの布製品。
にせAtissと呼ばれる、ATISSにたようなテイストのお店がラミンゲイ通りに近いRue Carnotにあります。こちらのほうが安価。
PROMOFIL
Tissage et Confection

Sicap Liberté, 6N. 8133
tel:827-0907
e-mail:timmysa2000@yahoo.fr
こちらでは,好きな生地からデザインからオートクチュールでかばんが作れます。
旅行カバンや手持ちバッグを作られた方がいました。
Francesca
Maroquinerie de Luxe
Cité Mamelles

tel:820-0579
cell:638-1121

月曜は16h-19h
火曜から土曜は9h30-12h30, 16h-19h
街からいくとマメル(灯台)の近くにあるファーマシーを右折,1本目を右折。
黄色の建物でワニの絵がかいてあるところがお店。灯台方面に向かっていると,黄色い看板がでているので見つけやすいと思います。

ここの商品はLuxという名のとおり,イタリアにあるお洒落なカバン屋さんのよう.やはりデザインは優れています.オーナーはイタリヤ人女性で,彼女のデザ
インのバッグなど,多数。またカタログをもちこんで好きなデザインで仕上げてくれるそうです.

ひとつオススメのバッグを見せてもらいましたが,表面はラフィア、バッグ側面はオーストリッチ(ダチョウ),内側は牛革だそうで.値段を聞いたところ25,000CFAだというので,5千円?安いわね,と思ったら聞き違いで,本当は125,000CFAだそうです.でも,イタリヤや日本あたりで同じデザイン、材質のものを買うともっとしますよね?(買ったことがないのでちょっとわかりませんが)

ちなみにオーストリッチは南アフリカ産だそうです.ワシントン条約にひっかからないかちょっとチェックしてみましたが,人工繁殖のものなら大丈夫だそうで.
いずれにせよ日本へ持ち込む際は原産地証明書などの書類が必要だそうです.ワ
ニ革のバッグもありましたが,日本に持ち込めるか気をつけたほうがよさそう.

あと,イグアナのバッグも見せてくれました.後で調べてみるとアメリカイグアナはワシントン条約にひっかかるのですが,こちらで使われているイグアナはどうかよくわかりませんでした.

もちろん国際条約に煩わされない牛革の素敵なカバン,靴,財布、煙草入れ、鍵
入れなどもあリました.

TOPへ戻る