フランス語圏や英語圏での出産や育児に役立ちの情報をまとめたサイトです。「フランス語圏で出産するー妊婦に必要なフランス語」というメルマガ(終了)を基に編集しました。
海外での子育て妊婦に必要なフランス語〜つわり対策

妊婦に必要なフランス語〜つわり対策

** ニンプさえ吉より一言 **

妊娠が確認されて少しすると,つらいつわりの時期を迎えますね。常に船酔いの状態が1ヶ月以上つづくと考えてもらうと一番実体に近いかと思います。

不思議な事に私の友人の幾人かは,つわりを全く経験しないという超妊婦適応型がいましたが,羨ましい限りです。

吐きづわり,食べづわり,寝づわりの3種類あるといわれています。吐きづわりは文字通り嘔吐が続き,食べづわりは空腹になると気分が悪くなるタイプ、そして寝づわりは常に眠い状態に陥ります。私の場合は寝づわりと食べづわりの混合型,そしてたまに吐きづわりのタイプで,常にスナック菓子をボリボリさせ,氷をボリボリと食べ、そしてどんなに遅くても午後8時には就寝というハタからみると怠惰な毎日を送っていました。が,本人は不幸のどん底なんです。

英語ではmorning sicknessといわれていますが,やはり空腹時の朝に気分が悪くなる人が多いのでしょうか。私は,逆"にevening" sicknessで,疲れがたまってくる夕方以降が一番きつかったです。

こんなつらい時期ですが,いずれはトンネルを抜け出るように快適な妊婦生活がまっています。今、つわりの最中の方もいらっしゃるかと思いますが,声を大にしていいたい。。。。「いずれは終わるつわりの日々。」頑張らずにタラタラと過ごすのがいいと思います。

さて、今日は第二回検診に必要な単語、会話集をお送ります。
           
-------------------------------------------------------

◆今日の表現 −第二回目の検診−◆
さて、第二回の検診では、血液検査の結果の相談や超音波検査での胎児の成長確認を行いますね。このころにはつわりも出てきて、先生と相談する必要のある人も。


<第二回検診に使える単語>
  avoir des nausées: つわりがある
  maigrir: 痩せる。(finirと同じ活用形)
  vomir: 吐く(finirと同じ活用形)
  un comprimé: 一錠
  un médicament:薬
  la rubéole:風疹
  la trisomie 21:ダウン症
  sucre (glucose):糖。←この有無が尿検査で重要ですね。
  albumine:蛋白。←これも尿検査でよく使われますね。


<第二回検診に使える会話サンプル>

<<J'avais des nausées. Les deux premiers mois, J'ai vomi jusqu'á dix fois par jour! Je maigrissais....>>
つわりが続いて、最初の2ヶ月間は一日10回までも吐いてしまう!痩せちゃって。)

<< Donc, vous allez prendre des médicaments: un comprimé par jour pour mieux digérer.>>
<<それなら、薬を飲んでください。消化剤を一日1錠ね。>>

<<Voilà, ici, le résultat de l'examen sanguin et d'urine.>>
ここに血液と尿検査の結果があります。

<<Bon, vous n'avez pas de sucre, et pas d'albumine.... C'est bien. Et toxoplasmose... non immunisée, et la rubéole immunisée. Vous allez manger de la viande bien bien cuite. >>
<<糖も蛋白も出ていませんね。よし、と。トキソプラズマは抗体がありません。
風疹は抗体あり。お肉を食べる時はよく焼いてね。>>

<< Vous voulez fair l'examen de trisomie 21?>>
ダウン症のテストをしたいですか?

<<Non, je ne voudrais pas..>>
いいえ、結構です。

など。

はやくこのつわりの時期を乗り越えたいところですね。
私は2人目のほうがだらだら結局18週くらいまでつわりが続いていやでした。


Copyright© 2008 BANABAN int'l.com. All rights reserved.