フランス語圏や英語圏での出産や育児に役立ちの情報をまとめたサイトです。「フランス語圏で出産するー妊婦に必要なフランス語」というメルマガ(終了)を基に編集しました。
海外での子育て>フランス式 第3回妊婦義務検診って何やるの?

フランス式 第三回義務検診って何やるの?

** ニンプさえ吉より一言 **

さて、今回は雑誌Neuf Moisから、第三回検診と第四回検診の内容紹介です.5ヶ月目と6ヶ月目に実施されます.

◆5e Mois◆: 5ヶ月目
Troisième examen prénatal obligatoire:第三回産前義務検診

Echographie: Deuxième échographie, réalisée généralement à 20-22 semaines d'aménorrhée. L'échographie dite <<mophologique>> est plus longue que les autres. L'opérateur fait un bilan complet: vous discernez désormais la tê te, les bras et les mains de votre bébé.
Les membres sont mesurés, le développement du squelette et le fonctionnement des organes sont étudiés.

超音波検査:第二回目の検査。通常、月経が止まってから20−22週目に行われる。今回の超音波検査は、「形態学」的な検査をするので他の超音波検査よりちょっと長め.赤ちゃんの頭、腕や手を確認したり、体肢を測定したり、頭蓋骨の発達や器官の機能などが検査される.


◆6e Mois◆: 6ヶ月目
Quatrième examen prénatal obligatoire:第四回産前義務検診

Examens de laboratoire: Mêmes analyses que les consultations précédentes. Contrôle sanguin si vous n'êtes pas immunisée contre la toxoplasmose. Dépistage de l'antigène HBs pour évaluer les risques d'hépatite chez l'enfant, numération globulaire et recherche d'anticorps irréguliers chez les femmes à rhésus négatif ou précédemment transfusées.

以前実施検査と同様のラボ検査あり.トキソプラズマの抗体を持っていない場合、血液のモニタリング.赤ちゃんの肝炎のリスクをはかるため、B型肝炎の抗原スクリーニングの実施。RHマイナスの血液型の妊婦さんと以前輸血をうけた妊婦さんには、グロブリン検査、及び通常ではない抗体の測定.

tiré par "Neuf Mois", page 112, décembre/janvier 2004
-----------------------------------------------------------------
ダカールで私が通っていたクリニックでは、この第三回検診で確かに赤ちゃんの頭や腕、肢の確認と、頭部の大きさを測っていました。器官の機能の確認はしていたかどうかはよくわかりませんでした.

また、私はRH−の血液型ではなかったし、B型肝炎の抗原をなし,ということで何も特記することもなく、これらの検診を終わりました。

いずれにせよ、先生はトキソプラズマの抗体がない私に、毎回血液検査を義務付け、「Il faut bien bine cuire de la viande!!!」と今回も念を押したのでした。


Copyright© 2008 BANABAN int'l.com. All rights reserved.