フランス語圏や英語圏での出産や育児に役立ちの情報をまとめたサイトです。「フランス語圏で出産するー妊婦に必要なフランス語」というメルマガ(終了)を基に編集しました。
海外での子育て>フランス式 第ニ回義務検診って何やるの?

フランス式 第ニ回義務検診って何やるの?

** ニンプさえ吉より一言 **

さて、 今回は日本の雑誌でいうたまごクラブに相当する、Neuf Moisという妊婦さん向け雑誌の中のコラムから、第二回検診の内容についておおくりします。

無事に第一回検診で赤ちゃんの無事を確認し、特に経過に問題がない場合、第二回義務検診は妊娠4ヶ月目で実施されます。日本では考えられないほど長い検診間隔ですね。
tiré par "Neuf Mois" page.112, décembre/ janvier 2004。

-----------------------------------------------------------------------------------------
<<使える単語集>>復習の単語もありますが。。。

de'pistage de la toxoplasmose:トキソプラズマのスクリーニングテスト
la rube'ole:風疹
trisomie 21:ダウン症
une prise de sang:血液検査
une amniocente`se: 羊水検査
e~tre atteint(e) =〜を患う

◆4e Mois◆ 4ヶ月 
1. Deuxième examen prénatal obligatoire. (第二回義務検診)
Un examen clinique obstétrical est réalisé lors de ls 2e consultation.

Examens de laboratoire: Dépistage de la toxoplasmose et de la rubéole si vous n'êtes pas immunisée. Pour évaluer le risque d'avoir un enfant atteint de trisomie 21, on effectue avec votre accord, par une simple prise de sang, le dosage d'alphafoetoprotéines associé au dosage de bêta HCG. En cas de risque important et si vous avez plus de 38 ans, le médecin peut vous proposer une amniocentèse.

tiré par "Neuf mois" page 112, décembre/janvier 2004

第二回目の産婦人科医による診察あり。
ラボ検査:風疹とトキソプラズマの免疫がない場合、検査をする。ダウン症の子どもが生まれるリスクを判定するため、妊婦の了承がある場合、血液検査、ベータHCG量(訳者注:妊娠関連ホルモンの1種だそうです)に関連するアルファフェトプロテイン量の測定をする。妊婦が38歳以上やその他のリスクに応じて、羊水検査を奨められる場合もある。

Copyright© 2008 BANABAN int'l.com. All rights reserved.