フランス語圏や英語圏での出産や育児に役立ちの情報をまとめたサイトです。「フランス語圏で出産するー妊婦に必要なフランス語」というメルマガ(終了)を基に編集しました。
海外での子育てフランス式 第一回義務検診って何やるの?

フランス式 第一回義務検診って何やるの?

** ニンプさえ吉より一言 **

日本とは違い、妊娠中に問題がなければ検診の間隔は長いです。フランスでは妊娠判定のためにいく5-8週目くらいの最初の診察以降の義務検診回数は全部で7回。後は必要に応じてだそうです。

なので、日本のように妊娠第23週までは4週間に1回、妊娠第24週〜35週までは2週間に1回、妊娠第36週から出産までは1週間に1回などと細かくは見てくれません。

私の場合、ダカールでは7週目に妊娠判定のため産婦人科へでかけ、12週目、後は、18週、23週目、28週目、33週目、そして38週と現在のところ7回だけの検診でした。特に問題もなかったため、1ヶ月以上検診間隔があくという感じでした。

さて、今回は日本の雑誌でいうたまごクラブに相当する、Neuf Mois(9ヶ月)という妊婦さん向け雑誌の中から、この7回で何を検診するかを把握するための表を抜粋します。まずは、第一回目の検診内容から
tiré par "Neuf Mois" page.112, décembre/ janvier 2004。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
<<使える単語集>>

examen prénatal obligatoir:産前義務検診
la syphilis: 梅毒
la rubéole:風疹
la toxoplasmose:トキソプラズマ
groupe sanguin: 血液型
recherche de sucre et d'albumine dans les urines:糖と蛋白を調べる尿検査。
dépistage du VIH: HIV検査
hépatite B:B型肝炎
le placenta:胎盤
trisomie 21:ダウン症
le nombre de foetus:胎児の数
la amniocentèse:羊水検査
les dernières règles:最終月経 règlesは複数形で月経という意味をとります。


◆1er TRIMESTRE◆ 妊娠初期
1. Premier examen prénatal obligatoire.第一回目の産前義務検診。

La première consultation est la plus longue. Votre médecin vous posera des questions sur vos antécédents médicaux, gynécologiques et chirurgicaux. Il réalise un examen général et obstétrical.
第一回の検診はちょっと長め。お医者さんは、あなたの一般的な病歴、婦人科および外科の病歴などを聞いてくるでしょう。一般的な検査のほか妊娠関連の検査をします。


2. Examens de laboratoire:ラボ検診。

Groupe sanguin complet, recherche de sucre et d'albumine dans les urines, ainsi que lors de consultations qui suivent. Dépistage de la syphilis, recherche d'immunité contre la rubéole et la toxoplasmose; sur proposition du médecin, dépistage du VIH pour toutes les femmes enceintes, et del'hépatite B, si nécessaire.

血液検査、尿糖、尿たんぱく質の有無の検査等 (これは今後の検診でも続けられます。)
梅毒のスクリーニング。風疹 とトキソプラズマ の抗体検査。医者の判断によっては、すべての妊婦にHIV検査、必要によってはB型肝炎検査を行う。


3. Echographie:超音波検査。

Première échographie entre la 11e et la 13e semaine depuis la date de vos dernières règles. L'examen permet de dater la grossesse, de connaître le nombre de foetus, de localiser le placenta, de vérifier le bon développement du futur bébé et de dépister d'éventuelles anomalies. Pour évaluer le risque de trisomie 21, l'écographiste mesure systématiquement l'épaisseur de la nuque du bébé. Si la mesure est trop importante, en prenant en compte votre âge et la taille du bébé, il peut vous proposer une amniocentése.
最終月経から11週目から13週目の間に最初の超音波検査します。この検査、妊娠期間の確定、胎児の数、胎盤の位置、胎児の今後の発育確認、胎児異常のスクリーニングが含まれています。超音波検査技師がシステマチックに赤ちゃんの襟首の厚みをはかり、もし異常がみられるようなら、妊婦の年齢や胎児の大きさから判断して、ダウン症のリスクを判定するため、羊水検査を奨められる場合もある。

フランスでは14週以内に母子手帳を、Centre de Securité かla Caisse d'allocations familialesでもらうようにアドヴァイスしてありました。

Copyright© 2008 BANABAN int'l.com. All rights reserved.